FC2ブログ


あすとろぼーいのノージャンルな独り言です。 何にでも喰いつきます。 最近は無料オンラインゲーム レッドストーンに嵌ってます。
あすとろぼーいのブログ
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20060417]

やっとNew PCが組みあがった。 毎度取説を読まずに作ってはハマリ 人に聞きまくっていた私も今回は例に無く慎重に組んだつもりだった。相変わらずASUSの取説は英語と中国語でしばらく英語を使っていなかった為 面倒だったが熟読し取りあえず組んでみた。

前回はnForce2チップに苦しめられ 一緒に購入した「すぃげ」さんと悪戦苦闘したので BIOSの起動画面が出るまでドキドキだった。 特にメモリーが流用のM&S製ということもあり心配だったが さすが安定してきたといわれる nForce4 あっさり起動した。 次に第2の壁 HDDの認識だが なんせ初のSATA起動である。 取りあえず SiliconImageのRAIDコントローラーには表示されるのだが メインBIOSには全く認識されなかった。 

キタ。 やっぱり一筋縄ではいきません。 散々取説を読んだが記載はRAIDについてのみ。 今回のパーツ構成と同様の仲間はアメリカ出張中で連絡取れない。 頼れるのはBBSのみである。 検索で調べまくること1時間。 あった。 それも初歩的なミス。 このA8N-SLI Premiumというマザー SATAコントローラーがnVIDIAとSiliconImageの2つある。 各4、計8つソケットがあったのだが 色が赤4つと黒4つと分かれており赤の方しか目に入っていなかった私は 速攻赤に差していたわけで どうも黒い方(nVIDIA)に差さないと通常起動が出来ないそうな... 偶然サイトを見つけたからいいようなものの多分朝までずっと腕組みして悩み続けたに違いない。

かくして事なきを得てOSインストール画面までは完了。 今度はOSがインストール出来ない。 パーティション作成まではいくのだがその後 いざそのパーティションにインストールしようすると 「Winowsが認識できないパーティションです。」と... 

コラ!

てめぇで作っといたパーティションを認識できないとは何事だ!!

原因はASUSの取説についてた唯一日本語の補足資料にあり 3本SATA HDDを差す時は OSインストールディスクを RAID 1ではなく3に差せと書いてあったのでその通りにしたのだが 結局1で良かったみたいだ。まだまだ自作には

これも直感的に
その後は何のトラブルもなく 無事 MCE2005導入完了!


心配された アプリケーションも問題なくインストール出来 私のうっかりチョンボが無ければ これほどまでにスムーズに完成した例は今までありません。 運がよかったのでしょう。

で パフォーマンスは 凄い!!! の一言。 まず起動の早さと終了の速さが桁違い
(単にまだ常駐ソフトが少ないだけかもしれませんが...)


そして何より...




グラボのFANの音が でかすぎ。 爆音です。


さすが ハイエンド。 店員の兄ちゃんが 「そのカード積むなら 600Wあっても足りないことはない」と言わしめる一品です。

PC動いてる時は ドライヤーのLOWがづっとつきっ放しと同じ状態です。 これで我家の電力事情はさらに厳しくなり エアコンの2台同時稼動がまたしても困難な状況になりました。 夏が心配です。
スポンサーサイト

コメント

□ 1969の片思い from 稲垣

やはり、ネットで情報が入手できるのはありがたいよね。騒音対策でファンレスにチャレンジしてみては?確か最近水冷が流行っているらしい。

2006-04-20(Thu) 19:11 | URL | #- [ 編集 ]


□ 稲垣さんへ from Speed_Demon

水冷も下手なやつ買うとラジエターポンプの音がウザイらしい。 是非試してみたいアイテムではある。

2006-04-21(Fri) 01:12 | URL | #- [ 編集 ]



管理者にだけ表示を許可する

Top

http://astroboy884.blog45.fc2.com/tb.php/17-752851e4
HOME
copyright © 2005 あすとろぼーい all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。